自己愛性人格障害

自己愛性人格障害の恋人について

自己愛性パーソナリティ障害

きちんと時間軸を思い出してみる

こんにちは!久しぶりに書きます! 実はこのブログは共感してくれる人のためになったらという目的と個人的に記録を残したいって目的もありました。 何か問題が生じた時に、私がされたこと、言われたこと、それによって思ったこと、考えたこと。忘れたくない…

共依存って言わないでほしいな

時間が経って、彼との思い出が美化されつつあります。 もう連絡が来なくなって、恐怖や不安から解放されましたが、何とその先に愛情が残りました。 復縁したいとは思いません 彼とまた一緒にいることはできません その結論は変わってません でも彼への愛情は…

甘やかしてる=捨てられたくない

色々振り返ってみたのですが 恐らく他人から見ると どうしてそんな酷いことをする人に そんなに優しくするんだろう 甘やかしているのは好意があって 捨てられたくないという思いがあるから 縋っている、と思われるんだろう 言ってしまえばその通りなんだけど…

何事もなかったかのように

前回、電話できちんと別れ話をしたかのように思えましたが ほとぼりが冷めたと思うのか 相変わらず着信やメッセージがきます そして無視し続けていると頻度が増して 何かあったのかと思って 折り返してみると着信拒否されていて 気難しすぎる 交際時は電話し…

自己愛性人格障害の増加

この名前を知ってからというもの 過去に出会った人や 現在関わっている人などにも 同じ雰囲気を感じることがあって 障害とまでいかないことでも 自己愛の強弱が人格に与える影響について よく考えるようになりました そして共依存真っ最中に読んでいた 関連…

電話で話しました

半年くらいたったのかな ようやく気持ちが落ち着いたので 電話で話すことができました 私は私が普通だと思っているので 私と違うというだけで 酷いことをいっぱい言ってごめん と伝えました 恨み続けるのは辛かったからです 彼は、俺だって普通だとは思って…

後遺症に悩まされてる

最後に会ってから5ヶ月 別れの手紙を出してから2ヶ月経ちました もう会いたいとは思わなくなりました 会いたくないと思うようになりました もしかしたら、そんなことはない、 そんな風に思い直して 期待してまた裏切られて そんなことを繰り返して ようやく…

別れの手紙

内容は覚えてる範囲の再現なので ご了承ください ################################## まずは転職おめでとう 私が考えたことを聞いて欲しくて 手紙を書きました 最後まで読んでもらえたら嬉しい 私はあなたのことがとても好きでした 付き合って半年以降は喧…

私なりの結論

久しぶりの更新です とにかくここまで彼との関係について ものすごく色んなことを考えてきました 自己愛性人格障害とは病気なのかとか 本当に治療は難しいのかとか まずそもそも治療をした方がいいのかとか 彼と出会って4年 付き合って2年半 モラハラ開始か…

友人や家族の理解

まず、私自身モラハラの被害に遭ったと いっていますが、そういったことに 全く無縁でここを見てる人はいるのかな もしいたら異常なのは私だと思いますよね でもこの経験は経験した人にしか分からない 一種のトラウマなんだと思います 暴力でも暴言でもない…

自然に自覚する時はいつくるのか

まず独身の人という前提条件で考えます 恋人との同僚時代に私はその人のことを 適当でフラフラしてるなぁと思ってました ・長年連れ添った恋人と結婚秒読みである ということで見た目はチャラチャラしてるけど 意外としっかりしてるのかもって思ってました …

自己愛性人格障害 原因探求②

自己愛性人格障害 原因探求①で お話ししたように自分を肯定するために 相手を否定するのがモラハラの根本だと思う でもそれも誰にでも大なり小なりある 自分を否定する人から離れて 肯定してくれる人の元に身を置くことも 自分を肯定してもらおうと 否定する…

自己愛性人格障害 原因探求

自己愛性人格障害の原因として 幼い頃の親からの愛情表現によって 引き起こされているという説があります 条件付きの愛情しか与えてもらえなかった つまり親の機嫌を損ねたら構ってもらえない 親の望む子どもであり続けることでのみ 成立すると考えてしまっ…

治療法がないのは何故

私は恋人が自己愛性人格障害なのではないかと 思った次には治療法や改善方法を調べました 危ないから離れて治療法はありません なんて言われてもすぐには受け入れられません 身近な人から何かできることはないか 必死に調べて考えるべきだと思っています 幼…

人格障害というものについて

私は父が自己愛の強い人間だったということを 今回の恋人と交際して自己愛性人格障害を知るまで分かっていませんでした それくらい当たり前にあったし周囲の人に話していてもそんなに驚かれた記憶もありません そうゆう父親は意外に周りに多かったと認識して…

父親の生い立ち

私の父親は実に過保護に育てられました 不登校になると祖父の専属運転手に送迎され 浪人して志望大学を目指すものの 結局は中流大学の出身でした ちなみに私の兄弟がかつての父の大学より 偏差値の高い大学に受かった報告をした時には まぁ、それくらいは当…

自己愛の強い父親

私の実の父親も自己愛が強い傾向にありました 母は幼い頃からお父さんに怒られるから といって外出先から早めに帰宅する等 顔色を伺っていた節があったように思います そこから大きくなるにつれて また怒ってるよと相手にしない 無視をするといった行動に変…

人間関係構築の流れ

まず出会い頭は注目されたいために 自分の価値を上げるための嘘を重ねるよう すると追い込まれていき 居心地が悪くなるので距離を置き始め ここで責任を問われると逃げます 完全に逃避行するか(職場はこっちかな) 時間を置いてお互いに記憶が曖昧になったら …

長期的な人間関係について

なぜ嘘をつくのかという記事を読んでもらうと 彼等は嘘に嘘を重ねて雁字搦めになっている ということが分かってもらえると思います そうすると彼等にとって長期的な人間関係は どうやっても築いていけないと思いませんか 自分の評価のために嘘を重ねていると…

なぜ嘘をつくのか

私は恋人の嘘と本当を 見分けることができませんでした 恐らく私の反応で話の結末が変わるくらい 恋人にとって嘘は簡単でした とはいっても例えば浮気はしていなくても 異性の友人の話は交際相手の前では あまりしにくかったりしますし したところで反応が悪…

自己愛性人格障害とは何なんだろう

まず恋人は自己愛性人格障害とは 正式な診断を受けていない あくまでそういう特徴が強いと 私が勝手に判断しただけである ちなみにこれを本当に診断された人間は どれだけいるのだろう まず診断でも平気で嘘をつくこと 治療も難しいことから そう診断しても…

モラハラとは対人間に生じる現象ではないか

私がこの病気を知った時に 症状は恋人と一致するものの ・私以外の人とは上手くやっている ・前の恋人との関係は良好だった などの点から 私にも原因があるのではと考えました なんだかんだ言いながら 私も何故傷付くのかといえば 自分のした言動を否定され…

相手と上手くやる方法を考える

恐らくですが、この被害にあっている人で 友人や家族などに恋愛相談として 一部話した方もいるのではと思いますが 私も当時色んな人に相談していました みんな口を揃えてそんな人はやめろと 何て酷い人なんだと言われました 確かにされたこと、言われたこと …

空白期間明けの着信

1ヶ月過ぎたころ初めて電話がありました 嬉しい気持ちと出ても何を話せばいいのか また怒られるのではという恐怖感でした 元気?から始まって 電話をしなかったことを責められましたが 基本的には優しい口調で安堵しました すぐに会うことになり その時も謝…

1ヶ月の空白期間

その別れ話からしばらく音信不通になりました 今までの人生経験ではない辛さでした 自分の何かを決める時 いつも恋人の顔色を伺っていたので 恋人がいなくなった自分に残ったものが 果たして何の価値があるのだろうと 何のために生きているのか 物事の選択を…

別れを切り出される

この頃にはもう一緒にいたくなくなり いつも相手の顔色を伺っていました はじめは指摘されたところを 改善しようと試みていたものの 指摘が多くなると矛盾が生じて ただ文句が言いたいだけだと分かりました そして連絡も一方的になり 相手の着信を取れないと…

気がつかないモラハラ行為

その後も何かあるたびに細かい注意があり 何かにつけて文句を言われた気がします 覚えてるエピソードを書き出すと ・風呂用品は使いたいのがあったら自分で買って来てと言われたので、相手のを使うのが申し訳ないと思い自分用のを購入したら気に入らないなら…

交際開始からモラハラ開始まで

交際開始からは半同棲のような生活になりました その人はすぐさま同棲を申し出たり 自分の転職先に入社を進めてきたり とにかく一緒にいたいと言われましたが どちらも私の事情で断りました 上司ということで転職先に意見も多く 彼の職場の近くにするように …

交際に至るまで

同じ職場で数年働いていました その頃社内の複数人で飲み会等 月に一、二度位ありましたが 二人で飲みに行ったのは一度きりで 特に変な印象も受けませんでした その人には当時同棲している恋人がおり 結婚前提のお付き合いでした その恋人への不満は飲み会な…

恋人との出会いと特徴

恋人とは職場で知り合いました 仕事のできる人でした 仕事の棲み分けが上手く自分の仕事量を減らす能力が高い いつも社内の誰かと一緒にいて1人で行動してることは珍しかった 自分は凄いと実績を誇張するところは社内の人は気付いていましたが可愛い特徴くら…